2020年10月14日 13:00

感染症専門医 岡 秀昭先生監修による事業者向け感染症抑止コンサルティング事業を開始

オフィス向け新型コロナウイルス対策コンサルティングを10月15日より提供

企業・団体のPRコンサルティングを行う総合PR会社の共同ピーアール株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:谷 鉄也)は、感染症専門医の岡 秀昭先生(埼玉医科大学総合医療センター総合診療内科・感染症科教授)監修による、の事業者向け感染症抑止コンサルティング事業を開始します。

今回、その第一弾のサービスとして、「オフィス向け新型コロナウイルス対策コンサルティング」を、10月15日(木)より提供開始します。

市場背景・開発経緯

昨今の国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業オフィス内での感染拡大や、クラスター(感染者集団)の発生が見られています。社員が多く集まり、長時間滞在するオフィス内で新型コロナウイルス感染が拡大した場合、多くの従業員が長期間に渡って欠勤することとなるため、業務が停滞し、企業活動への大きな影響を及ぼすことになるだけでなく、外部からの意図せぬ誹謗中傷や風評などにより、企業ブランドの毀損・顧客離れ等につながる可能性も考えられます。

一方で、過剰な感染対策が逆手となり、労働生産性の低下やチーム協働が困難となるなど、企業活動への悪影響を及ぼしている事案も多く見られており、対策が不十分でも、過剰であっても、企業経営において好ましくない影響を及ぼすと言えます。

そのため、各々の企業が業務の実情を踏まえ、「自社においての適切な対策」を策定・実践することが、企業活動の継続において非常に重要であると言えますが、多くの企業・組織では、各々の企業・関係者が、明確な指標を持たないまま、手探りで対策を講じているのが現状であると言えます。

このような状況を踏まえ、当社では、感染症専門医の岡 秀昭先生と連携のもと、「医療現場が考える正しい感染症対策の視点を採り入れた、企業向けの感染症対策ガイドライン」を構築し、通勤時~勤務時に潜む感染症リスクの診断・評価を通じて、企業活動への影響の最小化を図りつつ、企業ごとの適切な感染抑止策を提供するコンサルティングサービスを提供開始します。

加えて、当社が提供中の危機管理広報コンサルティングサービスの知見を活かした、罹患者発生後の対外的な情報の発表・メディア対応の支援ならびに、感染者や濃厚接触者ご本人および、ご家族が自宅療養や自宅待機となった際の日用品・食料等の生活必需品の手配を行うサービスも併せて提供し、感染対策~罹患者発生後までの様々な課題を、ワンストップで支援します。また、本事業の売上の一部を医療機関に寄付し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、最前線で働く国内の医療現場のための物資の購入等を支援してまいります。

当社では、本コンサルティングサービスの提供を通じて、国内各企業が新型コロナウイルスをはじめとした様々な感染症への自己防疫能力を高め、最適な対策の実現を支援することで、安定した事業継続を支援するとともに、逼迫する医療現場・医療関係者の負担軽減の一助となり、国内のあらゆる組織・機関が持つ可能性を最大化できる、社会づくりをサポートしてまいります。

 

サービス概要

■名称:事業者向け感染症抑止コンサルティング

対象:自社オフィスを持つ企業/組織/団体

提供サービス内容

オンライン・オフライン診断

WEB上での診断ならびに、専門スタッフの訪問による感染症リスクの診断

オンライン・オフライン診断と改善サポート

WEB上での診断ならびに、専門スタッフの訪問による感染症リスクの診断と、改善に向けたコンサルティングサポート

企業内担当者向け感染症抑止セミナーの開催ならびに、感染対策担当者の育成支援

企業内の担当者に向けた、感染症対策強化セミナーの開催

 診断結果をもとにした企業防疫コンサルティング

診断評価をもとにした、企業ごとの感染症対策マニュアルの作成

 オフィス内リスクポイント撮影・映像作成

オフィス内で感染リスクが考えられる箇所の撮影ならびに、啓発用映像の制作

危機管理広報コンサルティング

罹患者が発生した場合の、情報発表サポート(一般・メディア向け)ならびに、問い合わせがあった際の対応サポート

 

監修

岡 秀昭(おか ひであき)
埼玉医科大学総合医療センター総合診療内科・感染症科 教授
日本感染症学会感染症専門医、指導医、評議員

2000年日本大学医学部卒。日本大学第一内科で研修後、神戸大学病院感染症内科、荏原病院感染症内科、東京高輪病院感染症内科部長などを経て、2017年埼玉医科大学総合医療センター総合診療内科・感染症科 准教授に着任、2020年7月より現職。臨床感染症教育に熱意を持っている。近年では、地域医療への貢献を目指し、国内で大幅に不足している感染症専門医の育成にも注力。

著書:「Dr岡の感染症ディスカバリーレクチャー 新型コロナウイルスC O V I D−19特講」、「感染症プラチナマニュアル」、「感染予防,そしてコントロールのマニュアル」(メディカル・サイエンス・インターナショナル)ほか

 

*本サービスの提供開始にあたり、岡 秀昭先生よりコメントを頂いております。
===========================================================
新型コロナウイルスの国内での感染拡大から半年以上が経過し、ウイルスの特性・傾向など、様々な事柄が明らかになってきました。そのような状況下、画一的な対策ではなく、病院・医療機関や、学校、企業、それぞれの組織体特性やリスクの高低に応じた、持続が容易かつ、柔軟な対策の実行が求められるフェーズになりつつあると言えます。

特に、事業の継続性が重要となる営利企業・組織では、対策が不足しても、過剰であっても好ましいとは言えず、適切かつ効果のある正しいアプローチが重要となります。今回、共同ピーアール様の新たなコンサルティングサービスの監修を通じて、正しい感染症対策の重要性を訴求していければと考えております。

*岡 秀昭先生への取材も可能です。ご希望の際は、下記までご連絡をお願いいたします。

本件についてのお問い合わせ先

共同ピーアール株式会社 マーケティングPR室 担当:池田、山本、都築
Tel:03-3571-5717  Fax:03-3571-5360
Mail:marketing-pr@kyodo-pr.co.jp