2021年12月17日 12:00

空き家活用サービス「アキサポ」のPR活動

株式会社ジェクトワン

メディア露出を通じた「アキサポ」の認知度アップ、お問い合わせ件数の増加に向けて、メディアへの情報発信の強化、メディアリレーションの構築、一般紙やTVといった影響力の強いメディアでの露出獲得を狙ったPR活動を行いました。

プロジェクトの概要

株式会社ジェクトワンが展開する空き家活用サービス「アキサポ」(https://www.akisapo.jp/)は、空き家所有者から空き家を借り受け、全額費用負担でリノベーション工事を行い、最適な活用法を提案した上で利用者へ一定期間転借するサービスです。空き家を放置していた空き家所有者にとって、コストをかけずに空き家を活用することができ、街の資源である空き家の再生を通じて地域コミュニティの活性化へ貢献しています。

活用できない物件も「売買仲介」「企画コンサルティング」「維持管理」の提案を通し、包括的なサポートで空き家を解決に導きます。

当社では2019年より、この空き家活用サービス「アキサポ」の広報業務をサポートしています。

PR活動の目的

空き家活用サービス「アキサポ」は、2016年から首都圏を中心に展開していますが、プッシュ型の営業活動や広告施策では、空き家所有者からのお問い合わせがなかなか増えない、という課題がありました。

そこで当社は、メディア露出を通じた「アキサポ」の認知度アップ、お問い合わせ件数の増加に向けて、メディアへの情報発信の強化、メディアリレーションの構築、一般紙やTVといった影響力の強いメディアでの露出獲得を狙ったPR活動をご提案しました。

実施したPR施策

まずは、不動産専門メディアからメディアアプローチを開始。業界に精通した記者に向けて、空き家サービスといえば「アキサポ」という認知の獲得を目指しました。さらに、専門メディアとのリレーションを構築した上で、一般紙やTVといった全国発信のメディアに向けて、プレス内覧会や記者説明会といった取材機会を創出し、アプローチしました。

活動内容

・毎月メディアキャラバンを実施し、メディアとのリレーションを構築
・空き家活用物件の取材誘致のためのメディアイベントを企画・実施
・業界の最新動向をメディアに提供する記者説明会を定期的に企画・実施(オンライン形式含む)
・空き家に関する意識調査を実施し、ニュースレターとして配信     など

成果:メディア露出により、お問い合わせ数が過去最高を記録

日々のリテイナー活動の中で、着実にメディアリレーションを構築することに成功し、業界紙、一般紙、WEB媒体、さらにTV番組での露出を獲得。とくに、朝日新聞の紙面およびWEB版で大きく取り上げられたほか、「がっちりマンデー」をはじめ「Nスタ」、「ワールドビジネスサテライト」、「Live News α」など、様々なTV番組で紹介されました。

空き家所有者からの「アキサポ」へのお問い合わせは、2021年には前年度比870%増となる過去最高記録を更新。お問い合わせのきっかけとして、約7割の方がメディアでの掲載を挙げています。さらに、このお問い合わせの増加は、これまで首都圏のみで展開していた「アキサポ」サービスが全国展開するきっかけにもなりました。